2005年11月06日

恐怖の恐山旅行

11月5日にうちの親を連れて恐山に行ってきました。

直前にネットで恐山と旅館を調べて予約を入れたりして、
当日は8時くらいに実家に親を向かえに行って
そこから隣の県まで行き、高速を使って移動しました。

途中、盛岡で高速を降りて食事をすることにしました。
盛岡といえば!わんこそば!ということで、
まだ食べたことのない結構有名らしい東家さんに行ってきました。
店も2階建て?で大広間みたいなところで、
観光客もバスで来てるのかもっていうくらい大勢いました。
頼んだのは何杯食べたか自分で記録するセット(?)。
渡されたマッチ棒を並べてカウントするんですが、
食べてるとそんな暇なかったりして大変でした。

トッピングは3種類で、鶏肉と、ねぎと、なんだっけ?
結構おいしかったので最初のほうはそれを載せて
味わいながら食べてたんですが、最後の方になると
だんだん苦しくなってきて薬味とか載せてる場合じゃなくなってきて
しまいには苦痛に変わりました(^^;;;
で、ギブアップしたのが96杯目。
記録なんてどうでもよかったんですが、そこのおばちゃんから
「100杯食べたら記念品がもらえるから頑張れ」って言われて
結局苦しみながら100杯食べて、将棋の駒みたいな形のものを
もらってきました。
wanko.jpg

その後、まだ余裕があるだろうということで
小岩井牧場に寄っていきました。
まぁいろいろあったんですが、羊がいっぱいいるところに
行ったり、お土産に羊の枕みたいなのを買ったりして
楽しんできました。
(後日同じものが別のところでも売られているのをみてちょっとショック!)

それからまた高速にのってひたすら北へ移動。
高速を降りて青森県内を走ること数時間。
恐山よりも北にある温泉だったので、
恐山の前を通るルートで向かったんですが、
実はこの恐山、11月からは閉山されていて入れないことが発覚!
神社とかと同じようなつもりで閉山されるなんて
思ってもいなかったのでまったく調査不足でしたorz

しかも恐山ルートは普通に国道を走った場合の2倍以上の時間が
かかる山道で、車がすれ違うのもやっとという感じの細い道を
延々と1時間近く走ってようやく温泉にたどり着きました。

旅館の名前はホテルニュー薬研。
微妙なネーミングでしたが、他は予約できなかったので
しょうがないということで。
でも温泉も食事も「イマ・・・」くらい。

気を取り直して、翌朝は早起きして散歩に行くことにしました。
それがこのコース。
yagenmap.jpg
でもこういうところで殺人事件とかおきるんですよね、テレビでは(^^;
「なんとか温泉湯けむり殺人事件」みたいな(笑
でも、そんなこともなく最後にトイレに行きたくなったこと以外は
まぁよかったかな。

帰りは、せっかくだから最北端まで行こう!ということで
大間まで行きましたが、残念ながらマグロはゲットできず。
写真を撮って、お土産を買って、イカ焼きを食べてきました。

その後、青森県内でお昼くらいになったので
ドライブインのようなところに立ち寄りました。
手前にウニいくら丼とか看板が出てたのでそれに惹かれて
行ったんですが、でてきたのは想像と違うもので、
近所のスーパーでいくらを買ってきて食べたほうが
おいしいところに住んでいたんだということを再認識してきました。

あとはひたすら高速で移動。
途中からはどしゃぶりの雨になり、親を実家に送って
それから3時間かけて家にたどり着いたときには
さすがにぐったりしました。

恐山行きたかったのに・・・orz
posted by わんこ at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13192932
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。